読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにちがスペシャル

ジャニーズを中心に好きなものの話を

私のジャニヲタ前史

学校へ行こう!2015を見て、懐かしい気持ちに浸っています。これをきっかけに昔見ていた他の番組にも思いを馳せてしまいますね。

2つ前の記事で書いた通り、私は今夏Sexy Zoneに本格的にハマった人間なのですが、自分の半生を振り返ってみると、突如ジャニーズに目覚めたかと言えばそうでもないんだよなあ、と。

 

そもそも田舎で育った私にとって、テレビこそが最大の娯楽でした。ネットも普及していなかった時代、テレビに出ている芸能人は誰しもスターだった。そういうご時世ってやつですね。

なので私が物心ついた時には既にジャニーズ=有無を言わさぬトップアイドル集団という認識でした。SMAPかっこいい!キムタクかっこいい!幼稚園の頃はkinKi Kidsの「硝子の少年」が大好きでよく歌っていた記憶があります。*1
そして時代はいわゆるJr.黄金期になるわけですが、何がきっかけというわけでもなく、自然とジャニーズの出演番組(デビュー組、Jr.問わず)を見るようになっていきます。(当時の私はなんとなく今井翼くんかっこいいな!って思ってました。)嵐がデビューしたのが1999年ですよね。2000年放送開始の「少クラ」「ガキバラ帝国2000!」*2はもちろん、Mステなどの歌番組もよく見てました。
普通ならここでドル誌を買う流れになるのかもしれませんが、当時まだドル誌の存在を知らなかった*3ので、お小遣いの使い道はほぼCD一択*4でした。
例えば、嵐に関して言えば「A・RA・SHI」から「時代」あたりまでCD買ってました。嵐の誰が好き!という意識もなかったのですが、やはり当時のJr.黄金期からの流れというか。何というか。たぶん滝翼が嵐のタイミングでデビューしていたら違っていたかもしれません。例のフリスビー付きのCD*5も持ってました。
また、今となっては演出や脚本などのスタッフも判断材料にそのクールの視聴番組を選ぶようなドラマフリークなのですが、こんな感じでゆる~くジャニーズ好きの子どもだったのでなんとなくジャニーズが出ているドラマ番組を選んで見ていました。
Summer Snow(2000年、堂本剛今井翼
ストロベリー・オンザ・ショートケーキ(2001年、滝沢秀明
ネバーランド(2001年、今井翼三宅健生田斗真村上信五田中聖
このあたりの時代ですね。ネバーランド凄いメンバーですよね。三宅くん以外はまだJr.です。タッキーが出ているという理由でストロベリー・オンザ・ショートケーキを見ていましたが、改めてあらすじを読むと、おお…野島伸司…!って感じですよね。当時は内容が理解できずとも画面にタッキーが映るだけで満足。かっこいいジャニーズの人たちをテレビで見ているだけで楽しい。そんな感覚だったと思います。ジャニーズが好きな子どもって感じです。
もちろんドラマだけじゃなくて「学校へ行こう!」「うたばん」などのバラエティも毎週見てました。

おそらくその頃が私が一番ジャニーズに興味があった時期だと思います。それから数年後、私はしだいにジャニーズのCDを買わなくなっていきました。しかし、その冷めかけた熱を一気に燃え上がらせるきっかけはいくらでもあったはずなのです、世代的には。なんてったって野ブタ。とごくせん2というジャニーズ史に残るドラマが、私の思春期ど真ん中のタイミングで放送されていたのですから。

それでは、仁亀が一世を風靡した時代に何故私がジャニヲタにならなかったのか。それは熱中している対象が他にあったからです。当時声優ヲタクだった私は男性声優が歌うキャラソンCDやイベントのDVDの購入にお小遣いを充て、毎晩のように1134kHz*6に耳を傾ける日々を送っていました。もしその時まだ声優ヲタでなかったら、確実にYou&Jに青春を捧げていたと思います。特に仁亀は男女問わず誰が見ても惹かれてしまう圧倒的カリスマ性を誇っていましたから。

その後はジャニヲタになる気配はなく、声優を中心にアニメや特撮、特撮俳優などにも興味の幅が広がっていきます。ただし根っからのテレビ好き人間なのでテレビに出ているジャニーズやエンタメ系の雑誌に掲載されるジャニーズの知識は頭に入っていった、という次第です。テレビが好きな人間なのでテレビで情報を得られる分にはジャニーズの知識は頭に入っていったわけです。自分から知識入れようとはしないけど自分が見てる番組に出てた人なら知ってる、みたいな。Hey!Say!JUMPのデビューの時に、やぶひかついにデビューか!って思ったり、半沢見てて、いや~亀梨くんの弟役だった裕翔くん本当に大きくなったよね!って感慨深くなったり。

なのでSexy Zoneの曲を聴くようになって、Sexy Zoneについて調べ、中島健人菊池風磨の過去を知り、えっ?この2人…B.I.Shadow?あああB.I.Shadowね?中山優馬のね?はいはいはいって頭の中の引き出しから記憶を引っ張り出してました。

 

というわけで記憶を整理すると、2015年夏にいきなりジャニーズにハマった!というわけではなく、多くはない小遣いをCDに捧ぐほどジャニーズが好きな時期があったんですよね。

今ではすっかり少クラをはじめとする出演番組をチェックし、ドル誌やテレビ誌を買うという生活に。まだまだジャニヲタ初心者なので雑誌のバックナンバーをぼちぼち買い集めたりジャニヲタさんのブログを読んだりしながらジャニーズについてお勉強しつつ毎日暮らしています。

 

 

最後に余談ですがミルフィーユドリーム*7は是非ともマリウスに……いや、むしろ「今は“かわいい”自分のほうがやりやすい」聡ちゃんと2人で歌っていただきたい名曲だと思っています。

*1:ちなみに剛さん派でした。

*2:後継番組の「ガキバラ!」「USO!?ジャパン」も見てました。

*3:後々同級生が教えてくれました。

*4:そういえばトレカも買ってました。

*5:SUNRISE日本

*6:おなじみの文化放送。声優がパーソナリティーを務めるラジオ番組も充実していましたた。

*7:遙かなる時空の中でという作品に出てくる流山詩紋のキャラクターソング。宮田幸季さんが歌っています。